LAWRENCE JENKIN SPECTACLE MAKER | ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーSIRMONT V2

LJ_M80_Siamont_V2_

52,800円(税4,800円)

定価 52,800円(税4,800円)

BLACK(2枚目)
TORTOISESHELL(3枚目)
GREY MOTTLE(4枚目)52,800円(税4,800円)
SOLD OUT
WINE MOTTLE(5枚目)52,800円(税4,800円)
SOLD OUT
カラー
購入数

「 優れた造形美はアップデートを受け入れる。だからデザインに終わりはない」 伝説のアイウエアデザイナー、ローレンス・ジェンキンの意欲作が登場!

デザイナーのローレンス・ジェンキン氏は、1943年生まれ。1970年に家業であるイギリスの老舗アイウエ アブランド「アングロ アメリカン オプチカル」(1882年創業)を引き継ぎます。その後は数々の眼鏡をデザインし、イギリスの眼鏡の黄金時代を築き上げた人物として知られています。

2014年には活動集大成として、自身の名前を冠した「ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー」をスタート。 『オリジナルコレクション』をローンチします。6年にわたりロングセラーとなりますが、ローレンス氏は決して満足しませんでした。

デザイナーとして、

「デザインに終わりはない」「優れた造形美はアッ プデートを受け入れる」

という信念のもと、『オリジナルコレクション』に改めて向き合う中で、さらに改良を加え、 『オリジナルコレクション -V2-』をリリースすることになりました。 2014年のスタート時のデザインから、細かなサイズ調整などを加え、更に機能性も考えられています。 日本国内では「ブリンク外苑前」「ブリンク ベース」「ブリンクWEBショップ」のみの展開です。

取扱店舗/ブリンク外苑前 ブリンク ベース

本来『Siamont(サーモント)』とは、メタルフレームのフロント上部に眉毛のような太いセルパーツを組み合わせたものをイメージしますが、ローレンスのデザインではセルの太さの強弱でそれを表現しています。異素材による凹凸感は無いものの、ブロウラインのしっかりとした印象は保っているので、サーモントと言われても違和感なく受け入れられます。

普段のサーモントの印象とは違い、ベーシックで普遍的なブリティッシュデザインの良さを感じられます。

鼻パットの部分はキーホールと呼ばれる昔ながらのディテールがさりげなく主張します。細部にうかがえる手仕事ならではの味わいが、長く愛用したくなるとっておきの1本。


サイズ
幅 : 約140mm
テンプル長 : 約145mm
レンズサイズ(横×縦) : 約47mmx 36mm
ブリッジ : 約20mm
※お持ちのメガネやサングラスとサイズをご参考に比べてみてください。(サイズが近くてもデザインにより掛け心地や印象は異なります。)

サイズの見方はこちら

ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーは職人の手によるハンドメイドという特性上、個体によって微妙なサイズのずれ、ゆがみなどがあります。完璧を求める日本のプロダクトとは違い、それが“味”であり、歴史あるイギリス製の風合いの良さともいえるものです。表記サイズはブランドの公表サイズになります。



「オリジナルコレクション -V2- 」従来品との改良点



1.フロント生地を若干厚くして強度を増しました。 2.ノーズパッドの高さと角度を改良することにより フィット感が増しました。 3.テンプル(ツル)の長さをよりも若干長くすること により安定したホールド力があります。
ABOUT BRAND

1943年生まれ。1970年に父の家業であるイギリスの老舗アイウエアブラ ンド「アングロ アメリカン オプチカル」(1882年創業)に入社し、デザイ ナーとして70年代、80年代にイギリスの眼鏡の黄金時代を築き上げる。 1996年に同ブランドを退き、同年より「Adaptive Eyecare」でボランティ アの仕事を始める。 Joshua Silver博士 と一緒にレンズの代わりに液体で 光を屈折させる眼鏡「adspecs」を開発。イギリス政府から援助を受け、 アフリカのガーナとインドのネパールに10年間で、3万5000個の 「adspecs」を配布する。2014年に「Lawrence Jenkin Spectacle Maker」(ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー)として自身のコ レクションを再スタート。現在は、小さな工房でデザインから眼鏡の製造 まで自身の手で手掛けている。

<ブリンク外苑前、ブリンクベース 店主・荒岡俊行より>

かつてイギリスの眼鏡作りは伝統を重んじ、一点もののビスポークでの眼鏡づくりや、家内制手工業による少量生産に 重きを置いてきました。しかし1980年代に世界各地で機械化による大量生産移行すると、イギリスの眼鏡業界が衰退し ていきまます。ローレンス氏はアイウエアデザイナーとして、大量生産の恩恵にも預かりましたが、現在は父親をはじめ先人たちから教わった技術を若い世代に引き継ぐため、ロンドンの小さな工房で眼鏡づくりをしています。

古き良きデザインをヴィンテージとして貴重なものとして扱われることもありますが、伝統を重んじるイギリスのものづ くりでは、古き良きデザインを進化させ続けることこそが真の伝統だということに気付かされます。オーセンティック でクラシックなデザインが好まれる世の中の流れにおいて、 眼鏡が視力矯正を補正する道具として、何が求められるの でしょうか?最も重要なことは、表面的な差別化ではなく、完成されたものを改良するというのが 1つの答えかもしれ ません。今後も、ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーは、改良を重ねて行きより進化していきます。
FROM blinc
●オンラインストアでフレームをご購入後、店頭引き取りもお選びいただけます。店頭にて度入り、度なしカラーレンズなどの交換を承ることも可能です。WEBショップにて希望のフレームを先にご購入いただき、「ネット注文店舗受け取りサービス」をご選択ください。

●通信販売にて「度なしレンズ」をご希望の方はショップ内でレンズとフレームを合わせてご購入くださいませ。
レンズのページへ
「度入りレンズ(単焦点のみ)」をご希望の方は、処方せんなど希望度数がわかる資料を送っていただくなどをしてレンズを製作することが可能です。 注文フォームの備考欄に「度入りレンズ希望」とご記入ください。追ってご連絡させていただきます。 ( 装着後から、到着までに1週間から10日ほどお時間をいただきます。)

カラー
BLACK(2枚目)
TORTOISESHELL(3枚目)
GREY MOTTLE(4枚目)52,800円(税4,800円)
SOLD OUT
WINE MOTTLE(5枚目)52,800円(税4,800円)
SOLD OUT