B.L.E.+ NISUS HOTEL Eyewear
ビー・エル・イー+ナイサスホテル
NISUS HOTELは、2007年東京発ブランド「普遍的な物と変わり続けて行く時代を洋服で表現」2007年より不定期でアイテムをリリースしていたが2011年より本格始動と発表。より高品質を求め、たどり着いた生産のベースを今季より日本に移し今後の動向が注目されるブランド。 また、B.L.Eとはblincのコラボレーションをメインとしたオリジナルライン。アイウェアラインは初の試みであるNISUS HOTEL、掛け心地、カラーリング、デザインともに徹底的にこだわった注目のコラボレーションだ。

今回のプロジェクトについて「Nisus Hotel」の宇田川和利氏と「blinc」の矢澤直人氏の二人の対談はこちら 考えてみれば、この眼鏡がイギリスの保険制度NHSから、80年代まで数十年にも渡り、国民に無償で配られていたとはスゴイことです。 同じデザインの眼鏡を数十年にも渡り、多くのイギリス国民が掛けていること自体が、もう既にオカシイです。個性が、重要視される現代では考えられない話です。言ってしまえば、「眼鏡史上で最も多くの人々に愛用された眼鏡」です。 これを単なるトレンドと片付けてしまうには忍びない。 もはや、イギリスのスタイルです。流行に左右されずに、掛けてもらいたい「永遠のスタンダード」の眼鏡です。 考えてみれば、この眼鏡がイギリスの保険制度NHSから、80年代まで数十年にも渡り、国民に無償で配られていたとはスゴイことです。 同じデザインの眼鏡を数十年にも渡り、多くのイギリス国民が掛けていること自体が、もう既にオカシイです。個性が、重要視される現代では考えられない話です。言ってしまえば、「眼鏡史上で最も多くの人々に愛用された眼鏡」です。 これを単なるトレンドと片付けてしまうには忍びない。 もはや、イギリスのスタイルです。流行に左右されずに、掛けてもらいたい「永遠のスタンダード」の眼鏡です。 考えてみれば、この眼鏡がイギリスの保険制度NHSから、80年代まで数十年にも渡り、国民に無償で配られていたとはスゴイことです。 同じデザインの眼鏡を数十年にも渡り、多くのイギリス国民が掛けていること自体が、もう既にオカシイです。個性が、重要視される現代では考えられない話です。言ってしまえば、「眼鏡史上で最も多くの人々に愛用された眼鏡」です。 これを単なるトレンドと片付けてしまうには忍びない。 もはや、イギリスのスタイルです。流行に左右されずに、掛けてもらいたい「永遠のスタンダード」の眼鏡です。

取扱店舗:Green Angle/ブリンク/
<NISUS HOTEL>お取り扱い店舗

該当のカテゴリーがありません

5商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
5商品 1-5表示
  • <
  • 1
  • >
5商品 1-5表示
  • < Prev
  • Next >

モバイルショップ